健康運動指導士つじのかずみのHappy Life

心と身体の健康作りをサポート・ヨガ・気功・呼吸法・リラクゼーション・トレーニング・楽しくセルフメンテナンス。

≫ EDIT

骨盤底エクササイズ@カミツレツアー報告寄稿しました。

今年の6月10、11日に開催された
女性医療ネットワーク健康ツアー
「骨盤底セミナーinカミツレの里」
骨盤底トレーニングを実技を含めて紹介させていただきました。

(楽しかったカミツレツアーのご報告はこちら


その報告を10月のニュースレターに寄稿させていただきましたのでご紹介します。





昨年の研究結果に基づく、基本のワークを中心にし、呼吸からの導入を体験とともに紹介しています。
以下

骨盤底エクササイズ デモンストレーション報告
骨盤底筋に効かせる呼吸法 Level 1
  ㈱ホリスティックヘルス研究会・奈良女子大学
  健康運動指導士
     辻野和美

 医療の分野において骨盤底筋トレーニングの主流は「ケーゲル体操」といわれる骨盤底筋単独の筋トレです。しかし、目に見えず、日ごろ意識することの少ない骨盤底筋を随意に収縮弛緩させることは難しいと感じる方が多いのが現状です。そこで、「呼吸」という誰もが日常的におこなう動作から、骨盤底筋の収縮を導く方法をご紹介させていただきました。
骨盤底筋は体幹と構成するインナーマッスルの一つであり、呼吸時に横隔膜と連動します。そこで今回は、一番基本となるLevel 1の動きを仰向けになって体感しました。
 まず初めに、腹腔をイメージさせるツールを用いて、自身の骨盤底の動きを探りながら、腹式の呼吸をおこないます。次に呼気時に上腹部・下腹部を使いわけて収縮をさせていきます。実際に腹部に手を置きながら行うことで自身の身体の使い方を確認することでより確実なエクササイズが行えます。骨盤底筋が緩み、何らかの症状がある場合は、過度の腹圧をかける動作はかえって症状の悪化を招く場合もあるので、この下腹部に意識を向けるLevel 1の基本の練習は欠かせないと考えています。
この呼吸法による骨盤底筋のエクササイズは、科学的実験データ(被験者一般中高年女性14名、平均年齢50歳)に基づき、日本生理心理学会で発表(2017.5)したものを、一般の方向けの実践指導に用いているものです。骨盤底の動きがはっきりわからない人にも安心して取り組んでいただけるので、どなたにも積極的に取り入れていただきたいと思います。また骨盤底筋の随意収縮を肛門や膣、尿道などの収縮を手がかりに行える場合は、積極的に動員することで、その効果を高めていくことができます。
正しく効果的な骨盤底筋のエクササイズは導入時がとても重要です。Level 1をマスターし、段階的に発展させていくことで骨盤底から全身のトレーニングに役立てていきましょう。

以上、掲載文より。

| 骨盤底筋トレーニング | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コグニサイズ@堺

19日 日曜朝は
ぜひコグニサイズで脳を鍛えましょう!

って、コグニサイズって、何???



コグニサイズとは、国立長寿医療研究センターが開発した運動と認知課題(計算、しりとりなど)を組み合わせた、認知症予防を目的とした取り組みの総称を表した造語です。英語のcognition (認知) とexercise (運動) を組み合わせてcognicise(コグニサイズ)と言います。

つまり体を動かしながら、脳をつかうので、認知症予防になるというものです!

認知症って、まだ先だ~
って、思ってる人はぜひ。

けっこう難しいことを実感します。


そして、コグニサイズのいいところは
(私も実感してます)
面白いところ。
失敗して、みんなで笑うところ。
だけど、体はずっと動いているところ。

簡単にクリアできる課題を繰り返しても、脳への刺激は少ないので、ちょっと難しいにトライすることか大切。
失敗した方が、脳はトレーニングしているということなんです。


1人でドリルする脳トレより、私は何倍も楽しく効果的だと思いまーす!

場所、お申込みは
ライフガーデンさかいホールさんへ
お電話 0120-53-8585 です。

骨盤底のトレーニングも
しっかりコグニサイズです!
意識して、探って、動かす。

午後は、場所を変えて、
ピフィラティス です。

骨盤底ピラティス→ピフィラティス
刺激的な1日になりそうな予感。

HappyBody & HappySmile ♪




| コグニサイズ | 01:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

幸せな身体作り@東京文京区

11月3日文化の日

幸せな身体作り というキーワードで
東京都文京区の
「収め護身術」開発者の
池田俊幸先生とコラボさせていただき、
私は骨盤底筋のトレーニングをお伝えさせていただきました。

急な呼びかけに関わらず、地元の方々、遠方の方々、多数ご参加いただきありがとうございました。


最近、「骨盤底筋」という言葉が先行し、
身体への意識が十分でないままにトレーニングをしている場合も多くあります。
これでは効果がでないばかりか、反対に身体をいためることもつながってしまいます
これには腹圧のかかり方が関わるのですが、なかなか程度や回数などは、自分で判断するのは難しいところです。

話には聞くけれど、
やってはみたけれど、
果たして、これでよいのか?
という疑問は多くの方がもっていると思われます。

今回もそんな疑問を改めて解決し、
まずは正しく始めるスタートの確認を第一に
鍛え方の紹介を
ピフィラティス
骨盤底ダンスを通じて
体験していただきました。





ちょっと、わかったら、
トレーニングを始めてみてください。

筋トレはすべてそうですが、
続けることが大切です。

年々、体力が、、、
年々、足腰が、、、
と同じく
骨盤底筋も年々、、、

さらに女性は
出産や閉経など
ライフイベントに大きく左右されやすく

侮っていては
幸せな身体から
どんどん離れてしまう場合も。

身近なところから
意識改革と行動開始
です。

そして、
もう一つ、維持だけではなく
レベルの向上を目指したいものです。

そのためには、モニタリング。
自分の状態を正しく把握し、少しずつ負荷を上げていく必要があります。

幸せな身体になる技を身につけるには
知るだけでなく、実際に身体を動かす必要がありますね。


ちょっとハードと思う動作も
安全な方法でトライしていきます。
回数や負荷も自分仕様にしなければならないので、本やネットで調べただけでは不十分です。

大切な私の身体です。

今回は男性の骨盤底筋にも少しふれました。
男性は前立腺との関係でトラブルを感じることがおおいですが、
メンタルは男性の方が弱いかもしれませんね。
だからこその、セルフメンテナンスで
幸せな身体、そして愛される貴方を目指して欲しいです。
男性にも必要な骨盤底筋のトレーニングです。


いただいたご感想から。

こちらこそ、重要な情報をご伝授いただき、ありがとうございました。日頃の座り方から食事まで、すべてが骨盤底筋群及び老後のQOLに繋がっていると教えていただき、昨夜からは良い姿勢でテレビを見ています。
軽妙な関西弁で親しみやすく、お年寄りにもわかりやすい表現で専門的な説明をされていて、さすがです。
第2弾もぜひお願いいたします。
護身術も楽しかったです。


そして
後半は楽しく、池田先生の「収め護身術」に参加させていただきました。
ペアになってする実技はなるほどと思う技。練習すれば、できるようになると実感。



肉体的、精神的に弱い女性ほど
身を守る技を身につける必要があります。

これから介護や医療、また家庭内でもますます必要となる技を学ぶことは、
幸せな身体のために大切なこと。
そしてそれは幸せな社会をつくるために必要なことです。

これから、ますます一人ひとりが、自分の身体を幸せにできるような社会の取り組みも求められています。
微力ながら、また地道に、骨盤底のトレーニングの大切さをお伝えしていきたいと思います。

楽しく学ばせていただきました。
ありがとうございました。


第2弾開催、どうぞ楽しみにお待ちくださいませ。


講座の案内はホームページ  
こちらから
ご覧ください。
また優先情報が得られる会員の募集もしております。

お問い合わせは
 こちらから  

お気軽にお問い合わせくださいませ。

HappyBody & HappySmile ♪

| 骨盤底筋トレーニング | 10:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

男性も女性も骨盤底からHappyBody♪ ~東京コラボセミナー 11月3日~

幸せな身体づくりをめざすのは、
男性も女性も同じ!

今回は男性にも、大切なこと お伝えしたいと思います。

男性にも女性にも骨盤底筋はあるけれど、
それは大きく違います!
そして、加齢とともに増える尿モレもあるけれど、
それは大きく違います!

だから、トレーニングポイントは同じ点、違う点があるのです。
そのポイントを押さえて、しっかりトレーニングしましょう!

感覚入力 & 筋トレ & 継続

骨盤スイッチ + ピフィラティス + 骨盤底ダンス

Happy Smile ♪

22752029_1481952415222899_146577297_n.png

| 骨盤底筋トレーニング | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「龍村式指ヨガ」手のひらセルフケア協会  2017総会

10月28日(土)
龍村式指ヨガ 手のひらセルフケア協会
年に一度の総会@名古屋に出席してきました。

2017年のテーマは
実践!体の声を聴く生活スタイル  
~龍村式指ヨガと食によるセルフケア~




龍村修先生のご挨拶。



そして今年のスペシャルゲストは

南雲吉則先生。



テレビなどで拝見すること多々、ごぼう茶ではとても有名。
今回、生のご講演を初めて拝聴いたしました。




大変失礼な言い方ですが、南雲先生、テレビの印象では、すこし軽い感じの印象を持っていたのです。
しかし、その印象は間違っていました。

あったかく、熱いんです!
力強く、頼りにしたくなる。

それでいて、私たちに
ご自身のことを「なぐちゃん」と呼ばせ、
とても親しみやすく、すぐにその魅力にひきこまれました。

命の食事

知る知らない、取り組む取り組まないが、命に関わる現場で日々闘っていらっしゃる南雲先生だからこその、刺激的なお話でした。

乳癌の同時再建手術のお話も、プロ中のプロと感動しました。

全ての女性のHappy Life、QOLの維持向上に、

もちろん、男性にも女性にも、全ての人に大切な命の食事のお話もたっぷり伺うことができました。

南雲流作法を学ばせていただき、ほんと感謝いっぱいです。





私自身の意識改革、行動変容に繋がる刺激をいただきました。
また講座等でみなさんに還元させていただきたいと思います。



テキストのご著書にサインもいただきました。
南雲先生、ありがとうございました!


そして、お昼は、美味しいこだわりのお弁当をいただきました。



食の学びにふさわしいお弁当でした。
お肉はグラスフェッドビーフステーキ(小麦を使わない醤油で作ったオリジナルソース)
蒸し野菜、雑穀米など。
体も心も喜びます。



午後はまず、
龍村修先生の講演と実技指導です。

ヨガ的な食のお話、午前な南雲先生のお話と通じるところも多く、改めてきっちりと向き合いたいと思います。



実技では、ペアハンドヒーリングを龍村先生のリードで進めていただきました。
すぐに使える技も、しっかりいただいてきましたよ。(^^)
また講座でお伝えするのが、楽しみです。


そして、最後は会員交流として、全国のインストラクター活動発表です。

私も、マスターインストラクターとして、日頃の活動を発表させていただきました。

指ヨガで繋がる笑顔

カルチャーセンターやサークル活動のほか、

最近は企業内に研修としても取り入れられている指ヨガ。

メンタルヘルスのための簡単な実践法です。

仕事のために、目や肩、首、腰に疲れや不具合を感じている方はたくさんいます。
少しでも、自分で簡単にケアすると、生活が変わります。
これからの社会に求められている技です。








インストラクター養成講座についても少し詳しく私の想いをお話しました。

現在800ほどのインストラクターが全国にいて、200名ほどがマスターインストラクターだそうです。
(マスターは養成講座を開催できます)

しかし、まだまだ養成講座の開催が少ないような印象。
(私の養成講座に九州、中国地方から泊りでご参加があります)

こんなに楽しくて、こんなに自分の学びになるというところ、

またどう進める?がわかりにくいという方もいるかと、

開催のポイントなどもお話しさせていただきました。


自分がまず快適に幸せになって、それを人に伝えるのが指ヨガです。

いつでもどこでも誰でも。
広がり繋がることでどんどん楽しくなります。
どなたにでも、適した活用、活動場面があります。

今後の展望としても、

もっと広がり、繋がる。

学び合い、癒し合う。
お互い刺激し合って、高め合う。


つじの養成のチームで楽しいことを企画もして、たくさんの人にHappyを届けたいと目論んでいます(*^^*)





最後は
今回、一緒に参加したチームのみなさんと龍村先生にも入っていただき記念撮影です。

ますますパワーアップ!

自治体、企業様、サークル
あらゆる場面で役立つ
「龍村式 指ヨガ」

日々、研鑽をつみながら、皆様のお声かけお待ちしております。
お気軽にお問合せくださいませ。

力合わせて、楽しみながら、このヨガの英知「指ヨガ」を
お伝えしてまいります。

学びと繋がりの一日に感謝です♡





指ヨガにご興味のある方に。

指ヨガ講座
今年最後の

インストラクター養成講座
11月5日・12日(日曜2回連続)
残席 1

体験会
11月14日 16:00~ 

お申込み、お問合せは
こちらから



| 指ヨガ | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT