健康運動指導士つじのかずみのHappy Life

心と身体の健康作りをサポート・ヨガ・気功・呼吸法・リラクゼーション・トレーニング・楽しくセルフメンテナンス。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

骨盤底筋のオペ見学に行ってまいりました。第一東和会病院ウロギネコロジーセンター

大阪高槻市の第一東和会病院にオペの見学に伺いました。

第一東和会病院には
「ウロギネコロジーセンター」という専門診療科があります。

ウロギネコロジーとは英語のウロ(Urology泌尿器科)とギネ(Gynecology 婦人科)が合わさった造語で、
泌尿器科と産婦人科の境界領域にある病気に関する診療科です。
欧米ではウロギネコロジーは診療科として確立しているそうですが、
日本ではウロギネコロジーを専門治療する病院はまだまだ少ないようです。

街では女性泌尿器科やウロギネ外来などといったクリニックを目にすることはほとんどありません。
一般の方で、この言葉を知っている人はまだまだ少ないと思います。


 第一東和会病院では、
日本国内におけるウロギネコロジーの第一人者として知られる竹山 政美 先生をセンター長に、
専門医の先生が複数いらっしゃり、
日本中ともいえるくらいの遠方からもくる多くの患者さんの治療にあたっておられます。


骨盤底筋のトレーニングは、この骨盤底の様々な障害の第一選択の保存療法と位置づけられていますが、
症状が進むと、このトレーニングだけで解決することはできません。
QOL(生活の質)を著しくそこない、不自由、不便だけでなく、心の病も深刻な問題です。

適切な治療で、健康な生活を取り戻すことは、人生を幸せに生きるために大切です。



わたしは骨盤底筋のトレーニング指導の中で、
正しい診断と
適切な治療が
重要だとお話ししています。

特に骨盤底筋は自分でみることもできません。
間違ったトレーニングは時として、その症状を悪化させることにもつながります。

なにか気になる症状があるときは、
きちんと専門医の診察をうけ、
自分の状態を把握したうえで、
必要で効果的なトレーニングを進める必要があります。


現在、手術療法がとても進歩しました。
患者さんの負担も軽く、尿失禁の手術などは日帰りでもおこなえるところもあります。


今回は、
より深く、
正しい情報を伝えるため、
また、話にきいた知識、本で学んだ知識だけでなく、
実際の現場も知っておくことも大切だと考え、
今回、実際の手術現場を見学させていただきました。






骨盤底筋に関わる手術を3件、異なる術式(LSC,TVM,TVT)で見学させていただきました。

LSC手術 腹腔鏡をつかって骨盤臓器脱を治療するためにおこなうメッシュ手術

TVM手術 骨盤臓器脱治療のための膣式のメッシュ手術

TVT手術 腹圧性尿失禁治療のためのメッシュテープをおく手術


骨盤臓器脱、尿失禁などの治療では、手術療法がとても進んで様々な術式があります。
術式や、患者さんの状態にもよりますが、
今回LSCは2時間半ほど、
3例めのTVTはわずか11分です。
(もちろん術者の腕によるところも大きいので、個々のケースで異なります。)
今回手術がうけられた方は
元気に動ける体と、快適な生活、幸せな人生を手にいれられたんだなあと思います。



骨盤底筋のトレーニングで、患者さんと接する機会も多く、
本や映像では得られない貴重な体験で、大変勉強になりました。

今すぐの命にかかわる病気ではないだけに、
何年も悩まれている方も多くいます。


執刀された竹山政美先生は骨盤底疾患を扱う女性泌尿器科(ウロギネ科)の名医です。

日本一の術数をこなされ、全国から患者さんだけでなく、多くのドクターが学びに来られています。
他の先生方、患者さんからのお話どおり、その手術は素人のわたしがみても美しいとも思えるほど、スマートで感動しました。
そして、実際目の前でみて、簡単ではないことも。
手探りの感覚によるところ多く、かなりのスキルが必要だと思いました。
お話を伺うと、実践でのかなりのトレーニングを要するとのことでした。
その結果が、手術時間も短く、体への負担も軽く、あとの調子もすこぶる良い!につながるのだと思います。

手術を選択した場合は、執刀医の先生に委ねるしかありません。
よりよい人生のために、しっかり治療し、そして、そのあとも骨盤底筋のトレーニングです。
(手術をして終わりではありません)

もちろん、手術をしなくても良いように、日頃から、セルフケア、セルフトレーニングに取り組むことが大切です。

でも、困った、、、となったときは、ぜひ相談してください。一人で悩んでいるのは人生の時間がもったいないです。

手術を見学させていただき、わたしなりに現場で、お伝えできることをたくさん得てきました。
クリニックだけでなく、保健センターやカルチャーセンター、また個別のセミナーでも。
必要な方に、必要な正しい情報をお伝えしたいと思います。


こんな貴重な機会をくださり、竹山政美先生、本当にありがとうございました😊



女性泌尿器科の疾患や手術など詳しくかかれた竹山政美先生の本です。
超高齢者社会となった日本では、健康寿命の延伸が、強くいわれていますが、
この女性の骨盤底の問題の解決は今後ますます重要となると思います。

第一東和会病院はHPは
こちら

骨盤底のトレーニングなどのお問い合わせは
こちら

| 学び | 10:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |