健康運動指導士つじのかずみのHappy Life

心と身体の健康作りをサポート・ヨガ・気功・呼吸法・リラクゼーション・トレーニング・楽しくセルフメンテナンス。

2017年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

骨盤底筋エクササイズ@奈良県五條市

奈良県五條市へ
社会福祉法人 正和会 様からのご依頼で
骨盤底筋エクササイズの指導に伺ってまいりました。

のどかな風景と
ゆっくり流れる時間

地元大阪堺から和歌山県橋本まで30分強
そこから五條市は車ですぐです。

といっても、車ないといけない、、、

となると、車がないとどうなるのか、
車に乗れなくなるとどうなるのか、

活動量が減って、一気に引きこもり、寝たきりが増えるという問題に直面してしまいます。

そこで今回は市の委託事業として行われました。




男性もいらっしゃるかと思っていましたが、
一般の参加者はほぼ女性でした。
こちらでも、高齢者層は女性の人口が多いそうです。

にぎやかに始まりました。

平均年齢(見た目)は70を超えているようでした。

まずは骨盤底筋についてのお話からのスタートです。
「骨盤底筋」ってきいたことがないという方が半数くらいいらっしゃいましたので、
できるだけ丁寧にわかりやすくお話しし、自分で外からさわったりしてもらいながら、
感じてもらいました(感覚入力)。




日常の姿勢や動作も大いに関係していることや
普段の意識でも変わってくることを、簡単に椅子でも理解してもらってから(座位)
立ち上がり(立位)へと。



スペースにゆとりがあったので、可能な方にはマットで仰臥位になっていただきました。
このスタイルが一番骨盤底筋の動きを自覚しやすいので、
ここでは呼吸ワークも紹介しました。
今日は、基本のみです。それでも難しいというお声もあります。



今回は知っていただくことがメインでしたので、
細かな注意点にまで及びませんでした。
しかし、参加者の皆さんがとても熱心に取り組んでくださり、
継続的におこなうことで
骨盤底筋からのトータルケアに発展させていけると感じました。
地域の仲間での取り組みは、みんなで楽しくわいわいとコミュニケーションをとりながら
多くの方に効果の実感もしていただけるクラスになると思います。



講座が終わって、正和会のスタッフの皆さんが玄関でお見送りくださったあと、
道にでると、
今参加してくださった方がお二人。
ニコニコおばあちゃんたち。
手には畑から今引っこ抜いてきた大根を何本ももって。
私たちを見つけて
「先生、大根もってかえってくださいよ~」って。


ありがたくいただきました。
完全無農薬だそうです。
青々とした立派な葉っぱ。
帰りの電車の中注目(笑)

あったかい気持ちになりました。
五條市また伺います。

HappyBody & HappySmile♪



| 骨盤底筋トレーニング | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

研究報告が掲載されました。

今年の6月に行われた 第19回日本女性骨盤底医学会で発表させていただきました研究結果を

一般社団法人 日本コアコンディショニング協会 (→)の

会報誌Core Conditioning Journal の12月号にてご紹介していただきました。









骨盤底筋はコアを形成する重要な筋肉です。

これまで、腹筋や背筋のトレーニングの重要性は一般の人にも知られてきましたが、
骨盤底筋への意識はほぼなされていませんでした。
しかし、今、その重要性の認知も高まり、多くの人が、コアとしての骨盤底筋へアプローチするようになりました。

そこで生じる大きな課題が、骨盤底筋の意識化が難しいこと。
動きの見えにくい筋肉を随意に動かすことに多くの人が戸惑ってしまい、
トレーニングの継続化やモチベーションの維持にもかかわってきます。


今回の研究は
わかりにくい骨盤底筋の収縮を、
誰もがおこない安全な呼吸という動作をもちいて、
腹部の筋肉を操作することで、
骨盤底筋にもたらされるより効果的な収縮方法を追究した
ものがスタートです。

今回取り上げていただいた研究報告は、
その発展形としての第2実験で用いた随意収縮を用いた方法で、
ひめトレを始め、さまざまな骨盤底筋トレーニング時に用いることで
その効果をより高めることに繋がる
ことが示されました


研究実験は、現在も引き続きおこなっております。
現場に立つものとして、
常に実践に役立つものを追究するという初心を忘れずにいたいと
思います。
その成果を、一人でも多くの方への指導に生かしていき、
また、一人でも多くのトレーナーや運動指導の現場の方に、役立てていただけるような研究事業を進めてまいりたいと
思います。

広がれ! HappyBody & HappySmile♪



★骨盤底筋エクササイズ
★指ヨガ
★体幹トレーニング
★ダイエット
★メンタルケア
★ボディメンテナンス
その他

トレーニングのご相談はいつでもお気軽に。
お問合せは
こちらから

研究内容に関するお問合せも上記お問合せより承っております。
よろしくお願いいたします。

| 研究活動 | 13:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大人の遠足「奈良若草山登山と薬膳ランチ会」

ちょうど1か月まえ、紅葉も見ごろに入った
11月4日(土)「大人の遠足」お試し企画のご報告。
お試し会のため、会員様限定でのご案内として実施いたしました。

もともとウオーキングは子供のころから好きな私。
日本ウオーキング協会に参加し、健康ウオーキング指導士を取得したころは、
大阪を中心に近畿県、日帰りできるところを中心にあちこちウオーキング出向いていました。

車ではあっという間に通り過ぎてしまう素敵なところが、たくさんあります。
自転車でもちょっとはやい、もう少しゆっくりと楽しんでみたいときに
ウオーキングはぴったりです。

そして、もう一つ、たのしい仲間の集い、あたらしい出会いの場に、ランチ会など、食事の場が用意されることはしばしばあります。
くいしんぼの私ですから、もちろんうれしいんですが、せっかくだから、体を動かしての美味しいものとの出会いにならないかとずっと考えていたんです。

スポーツのあとの、ビールや宴会は若い子たちや男性の集まりには多いかもしれません。
それをもっと女性、とくに健康や美にも意識を向けた内容でしてもみたいなと。

それが、今回の企画の発端。

体にいいことしたいなってってことは多くの人が思っています。
でも、なんとなく運動は面倒だし、手軽にウォーキングっていっても、一人で家の周りとか、ちょっとね~
あんまり気合い入れすぎても、また三日坊主だろって家族にも言われるから、やめとこうと思ってしまう。
なんてお声をよく耳にします。

それに、もともとあまり運動習慣がないと、一人ではなかなかできない。
そこで、仲間と一緒に。仲間いなければ、今日から仲間です。
すると、案外、運動も簡単にできちちゃうものです。

20代から60代の女子が集まって、楽しい一日になりました。
深まりゆく奈良の秋、たっぷり楽しんできました。
振り返ってご報告します。


11月4日(土) 「大人の遠足」お試し企画

奈良 「若草山登山」 と きたまちの藍布さん「薬膳ランチ」 会。

季節は紅葉。奈良は正倉院展期間。
そんな中、健康的で気軽に楽しんでもらえるような企画です。


コース
集合は近鉄奈良駅~浮雲園地~若草山(芝生広場から一重目、二重目、三重目、鶯塚古墳まで登り下山~手向山神社~二月堂~正倉院~ランチはきたまちの「藍布」さんまでの約9キロメートル。

参加者は20代2名と残りは40~60代の8名。計10名、全て女子。

正倉院展期間、三連休の中日ということで、かなりの人が予想されたので、コースは観光客があまり選択しないルートです。


浮雲園地では観光客が少し減って、鹿さんたちとのんびりお話しできます。
ここで、ストレッチと指ヨガで身体の準備。
登山に備えて靴紐などもチェック。



若草山 
小学校のころお弁当を食べたのはこの芝の上
段ボールがほしくなります。





一重目
登り始めから続く階段と斜面
結構、きついので、汗ばみます。
一重目にくると、こんなに登ったの~と山を感じます。




二重目
山の中腹。
ススキや紅葉、景色に目がいく余裕。
眼下には奈良の町が広がります。
集合写真。
さあ、この上にはどんな景色が待っているのかワクワクします。
それぞれ無理のないペースですが、予定通り。
ゆっくりと一歩ずつ踏みしめて。ここからはまたしっかりと登ります。

IMG_4581[1]


三重目
山頂は342メートル
若草山を、自分の足で登って、爽やかな風のなか、大きく深呼吸すると、清々しい気が身体の中にしみこんでいくのを感じました。
ここにいる鹿さんたちは下界の鹿さんたちと違って、やっぱり自然が好きみたい。
ゆったりと自分たちのペースを守って、草を食べたりくつろいだりしているように見えました。
 
IMG_4583[1]

そして若草山はここで終わりではありません。
さらに少し登ったところにある「鶯陵」と記された碑
ここは鶯塚古墳なのです。

碑の上にスマホを置いてセルフタイマーで。
そう、ここは人もまばら。街は人で溢れていましたが、ここは別世界です。
IMG_4579[1]

達成感と充実感が表れた笑顔が爽やかです。


下りは快調に
赤やオレンジ、黄色に緑
さらに上、





紅葉を楽しみつつ、下山。
赤やオレンジ、黄、緑、すすきも輝きます。








北ゲートをでて、全員笑顔で登山が終わりました。

IMG_4578[1]

続いて、手向山八幡宮。
かわいい絵馬や道真の歌も味わいました。
百人一首 「このたびは 幣(ぬさ)もとりあへず 手向山 紅葉の錦 神のまにまに 」



三月堂から二月堂へ。
二月堂からの景色。


二月堂から大仏殿の裏手の道は、風情があって好きな風景。



東大寺内の二月堂供田。
干された稲が背景に馴染みます。





正倉院
正倉院展の期間中のみ公開されています。
まだ行かれたことのない方はぜひ行ってみてほしいです。
私はまずその大きさに驚きました。
そして
正倉院展で展示されている宝物も全部ここに保管されてきたのかと思うと
胸がどきどきします。





正倉院からでたところは
大きなイチョウが鮮やかに色づいていました。




観光客ばかりのところを外して歩いた奈良は、ゆっくり流れる時間を秋の風景と味わって大満足の遠足となりました。



さぁ、お腹も減りました。
もう一つのメインイベント

あじあの薬膳おばんざいのお店「藍布」さんへ。


夏のかき氷もそうだったけど、藍布さんのお料理はなんといっても優しいの。体にすーっと入って優しく癒してくれるのです。今回のランチも、ワクワク楽しみいっぱいでした。


ほどよく歩いて汗もかき、筋肉も動かし、胃腸も運動させて、さらには奈良の良い気をいっぱい吸い込んできた体は、まさに気血が巡り、準備万端です!

今日も、心も体もあったまる優しいお料理が並びました。



実は店主は私の大学の同級生。
今回の企画に快く乗ってくださり、
季節のお料理だけでなく、薬膳のお話もお願いしました。

今回は女性に多い冷えと食材のお話なども伺い、皆さん熱心に耳を傾けていらっしゃいました。



小難しい話や、わざわざの食材だと、なかなか生活に取り入れにくいのですが、
わかりやすく簡単に日々養生の食のお話が伺えました!

食養生はとても大切。
老若男女、それぞれの体にあったものを取り入れることで、改善される不調も多く、より元気に動く、美しくいるためにとても大切なこと。


医食同源というけれど、日々体を作ってくれる食事は運動や睡眠とともに大切にしたいですね。
運動の効果を高めるためにも、もちろん必要な栄養素がありますが、それぞれの働きをちょっと知っておくと、日常のご飯もレベルアップしそうです。

骨盤底の不具合からくる日常の困ったを改善させるお話の中でも、飲食のお話は欠かせません。
これからもっと、骨盤底にも食べて嬉しい情報を仕入れなくっちゃ!(^^)
なんと、骨盤底に良いという薬膳あるそうです。
今回のコースに登山をとりいれたのは、登山と骨盤底筋はのダメージって結構関係が深いからなのです。
引き続き次回のイベントでも取り入れ、ご紹介していきたいことができました。


参加者ご感想です

①コース、時間、距離

しんどすぎず、楽すぎず、丁度よかったです
今回は奈良開催ということもあって、私はとても参加し易い行程でした。
コースも普段着で楽しめる内容でしたので、第1回目の内容として最適コース、時間だったと思います。

③ランチの内容(量、ワンポイントセミナーなど)

テーマを決めたランチ内容だったので、とても有意義でした。
どこにでもあるお店ではなく、奈良らしい場所で奈良らしい食事を頂くことが出来て良かったです。
普段食べないメニューで大満足でした!薬膳の考え方や食材を活かす食べ方などを学べて楽しかったです

④気づいたこと、感想など

とても楽しい遠足でした。人数も10人ぐらいが丁度いいですね〜
初めてお会いする方々ばかりでしたが、皆さん素敵な方で、お話も楽しませて頂きました。
とても楽しかったです!
集合も解散もサラッとしていて、わたしは好きでした!
ウォーキングとランチのセットは、とても魅力的ですね。
大人の遠足、とても楽しかったのでこれからも定期的に続けて頂きたいです。
大変充実した楽しい一日でした。適度な運動量と薬膳料理に翌日とても元気な💩が産まれました😙😆
機会があればまた参加させて頂きます。ありがとうございました♡

ご参加くださった皆様、ありがとうございました。
次回もまたお待ちしております!

記事はアメブロにも挙げております。
お料理はアメブロが詳しく説明しておりますので、ぜひご覧ください。
2はこちら

登山編のアメブロは1はこちら

あなたのHappy、わたしのHappy♡
これからも
私も楽しむ、みんなで楽しむ企画していきますね~

| ウォーキング | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |